山滑り、川下りを中心に活動中 AlpackaRaftについて
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パックラフティング黒部川上ノ廊下2日目!
上ノ廊下2日目。朝、目をさますとなんと装備に霜が…。
標高約1700mくらいなので無理もありませんが。

P9170317.jpg
しかし、乾いた肌着を着てなんとかウエットスーツを身につけ準備です。
この時期ドライスーツが必要ですね。

P9170175.jpg
まだ日の当たらない川を下って行きます。

P9170155.jpg
距離的に約中間地点思われる金作谷出合い付近は、広く開けていて暖かくちょっと気が休まります。今日も天候には恵まれているようです!

P9170159.jpg
P9170161.jpg
P9170168.jpg
P9170171.jpg
上の黒ビンガあたりでしょうか、両サイドからいくつもの滝が合流し庭園のような渓谷が続きます。さすが北アルプスの中を流れる川です。すべてのスケールがでかく深いです。

P9170193.jpg
口元のタル沢のゴルジュ帯で滝本さんは2m以上あるような滝を飛んでフロントフリップしていました。

P9170204.jpg
下の黒ビンガあたりでしょうか。後半になるとどんどん水量が増えスピーディーに進むことができました。後半は基本的にはゴーロ(岩がごろごろしている渓相)な瀬が多いです。
渕はまったくけがされてない流れで魚もゆったり泳いでいます。

P9170205.jpg
P9170212.jpg
昼が過ぎたころ東沢谷出合が見え今日中に帰れるめどが付きました!


P9170209.jpg
東沢谷合流以降は一気に水量が増え、ラフティングも楽しめるような流れになってきました。


上ノ廊下パックラフティングは徒歩によるアクセス、登山道もない渓谷、全ての要素において日本を代表するパックラフティングルートではないでしょうか。
もう少し水が増えてもダウンリバー上級者なら楽しめるでしょう。


CA3A0105.jpg
黒部湖まで漕ぎ出て上陸し装備チェンジして、平の渡し、3時間の湖畔登山道歩きを経て、17:35黒部湖発最終便に乗り、大町までなんとか帰ってきました。で大町市蓮華大橋にある「kuni's カントリーキッチン」で打ち上げです。何回も沈をしても元気な滝本さん、早朝に折立まで送ってもらったえりこさんありがとうございました!


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。